福岡の書店員さん、君の推薦する本を読みたい【福岡キミスイ本 第18回】

 福岡の書店員さんに福岡ゆかりの本を紹介してもらうファンファン福岡の「福岡キミスイ本」シリーズ。18回目は「ジュンク堂書店 福岡店」で理工書を担当する遠藤康平さんを訪ねました。
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

NPO法人北九州魚部が発行するぎょぶマガジンの特別号

「ぎょぶる特別編集 特盛山椒魚本」 企画・編集/関慎太郎、井上大輔

―こんにちは! きょうは3階の理工書コーナーにやって来ました。遠藤さん、よろしくお願いします。

 こんにちは。まずはこの展示コーナーを見てください。サンショウウオとイモリの「正面顔コレクション」です! ※2月29日まで展示。現在は終了しています。

―うわあ、49種類も! それぞれ少しずつ個性が違いますね。

 かわいい顔もあって見とれてしまいますよね。なぜこの写真展をしているかというと、マガジン「ぎょぶる特別編集 特盛山椒魚本」(2,800円+税)がとても素晴らしく、お客さまからも好評だからです。

今回は「ぎょぶる特別編集 特盛山椒魚本」を紹介します!

―確かに九州にはサンショウウオが多く生息しているとは聞いたことがありますが、なかなかマニアックなテーマですね。

 九州をはじめ全国に生息するサンショウウオについて、写真や図解で紹介しています。とても充実した内容ですよ。発行はNPO法人・北九州市魚部のぎょぶる編集室です。

江戸期の資料まで!

―ぎょぶ、ですか?

 (福岡県立)北九州高校の部活動の一つ「魚部(ぎょぶ)」のOBが立ち上げた編集室なんですよ。不定期にテーママガジン「ぎょぶる」を発行しています。魚だけでなく、ドジョウや水生昆虫、干潟関連などの特集もありました。テーマがニッチなところも、つい気になってしまう存在です(笑)。

「ぎょぶる」最新号

テーマはニッチでも水生生物への愛は広くて深い!

―確かにドジョウのこと、あまり気にしたことがありませんでした。柳川市では食べますよね?

 食べますよね(笑)。魚部のメンバーには学者の方などもいて、フィールドワークがすごいので内容はとても充実しています。それに「水生生物好きを増やそう、生き物好きの輪を広げよう」という愛があふれていて、読んでいて楽しいですよ。

―この水槽はひょっとして…

 2016年に魚部の方が遠賀川流域だけに生息するオンガスジシマドジョウと水槽を持ってきてくださったんですが、ちゃんと世話をしていたら稚魚が生まれまして。水槽内で繁殖する例はこれまでになかったらしく、とても珍しいのだとか。西日本新聞さんも取材に来られました。

―(のぞき込んで)確かに、いますね。小さくてかわいいですね。

 魚部さんは昨年からカフェも運営されていて、12月に行って来ました。ドジョウのから揚げがおいしかったです。

―カフェでは食べるんだ!(笑)。

 種類が違うドジョウですよ!(笑)。それにしても今後も目が離せない編集室とマガジンです。ぜひ皆さんも手にしてみてください。

※掲載されている情報は、2020年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3大人だって社会科見学を楽しみたい! 九州電力「E-LA…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部