熊本県山都町「通潤橋4年ぶりの放水」を体感しませんか?

 各地の自治体が“わがまち”を自慢するコーナー。今回は熊本県山都町で再開される「通潤橋放水」について紹介します。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

美しい橋から放水される様子は圧巻

通潤橋4年ぶりの放水を体感しよう

 1854(嘉永7)年、当時の技術の粋をつくして架けられた熊本県山都町の美しい石橋「通潤橋」。白糸台地の約100haの水田に農業用水を送るために建設されたアーチ型の水路橋です。国指定重要文化財に指定された貴重な文化遺産ですが、2016年4月の熊本地震と18年5月の豪雨で被災し、これまで保存修理工事が続けられていました。

 この春4月19日(日)、待ちに待った放水が再開されます。町を訪れて雄大で爽快な通潤橋の放水を間近で体感してみませんか。また「通潤橋史料館」では、放水の迫力を200インチの大画面で楽しめ、橋の仕組みや建設当時の様子も分かります。ぜひ立ち寄ってみて。

橋から送られる水で潤う白糸台地

通潤橋史料館(「道の駅 通潤橋」横)

◆「道の駅 通潤橋」横に併設。放水シーンを大画面で放映し、橋の仕組みや建設時のエピソードなどをジオラマほかで解説。

住所:熊本県山都町下市182-2
電話:0967-72-3360
営業:10:00~16:00(入館は15:30まで)
※放水スケジュールはHPでチェックを

※掲載されている情報は、2020年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  2. 2「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  3. 3祖母が語った不思議な話・その漆(しち)「シロ」
    チョコ太郎
  4. 4祖母が語った不思議な話・その弐「鼠の目」
    チョコ太郎
  5. 5祖母が語った不思議な話・その肆(よん)「川が呼ぶ」
    チョコ太郎