写真と言葉の世界「『てがみを、かきましょう』加藤晴生写真展 」

 「『てがみを、かきましょう』加藤晴生写真展 」が3月7日(日)まで、福岡市中央区のアートギャラリー「EUREKA エウレカ」で開かれています。九州産業大学大学院に在学中の作者による62点が展示されます。 
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。
加藤晴生

「てがみを、かきましょう」

 写真と言葉で表現でする独自の世界観。加藤晴生(かとうあおい)さんの初めての個展です。

 加藤さんは1995年島根県生まれ 。九州産業大学芸術学部写真映像学科卒業時には、卒業制作優秀賞を受賞(2018年)。現在は同大学大学院芸術研究科に在学中です。

加藤晴生

「てがみを、かきましょう」

 今回の個展は会場を大きく2つのゾーンに分け、それぞれ異なる雰囲気で展開。1つは「てがみを、かきましょう 」と題した企画展で、2017年3月~18年1月に撮影したカラーフィルムによる38点が展示されます。写真はすべて島根県と福岡県で撮影されています。

 「島根と福岡、2つの場所を巡りながら自身を見つめ作品を制作しています。島根は自分の原点。そして”今“を見つめることができる福岡という場所」と加藤さん。

加藤晴生

「your eyes told me」

 もう1つは「Your eyes told me」と題し、19年6~9月に撮影した24作品。撮影地は東京をメインに福岡県と島根県。デジタルで撮られたモノクロの写真です。

 「視線に映るもの」がテーマ。「大学院生となり、新たな写真へのチャレンジとして白黒写真に挑戦してみた」と加藤さんは話します。

 加藤さんは、写真だけでなく文字の表現も大切にしていて、両ゾーンの写真には文字が組み合わせてあります。写真と言葉が織りなす世界観を体感してみては。

「てがみを、かきましょう」加藤晴生写真展

日時:~3月7日(日)12:00~19:00 ※月・火曜休
場所:EUREKA エウレカ(福岡市中央区大手門2-9-30-201)
料金:入場無料
問い合わせ:EUREKA 
電話:092-406-4555

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2福岡市内のコロナウイルスによる臨時休業情報をまとめました
    ファンファン福岡編集部
  3. 3エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4大人だって社会科見学を楽しみたい! 九州電力「E-LA…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5コロナウイルスに負けずに頑張る福岡の飲食店を応援するf…
    ファンファン福岡編集部