写真と言葉の世界「『てがみを、かきましょう』加藤晴生写真展 」

 「『てがみを、かきましょう』加藤晴生写真展 」が3月7日(日)まで、福岡市中央区のアートギャラリー「EUREKA エウレカ」で開かれています。九州産業大学大学院に在学中の作者による62点が展示されます。 
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
加藤晴生

「てがみを、かきましょう」

 写真と言葉で表現でする独自の世界観。加藤晴生(かとうあおい)さんの初めての個展です。

 加藤さんは1995年島根県生まれ 。九州産業大学芸術学部写真映像学科卒業時には、卒業制作優秀賞を受賞(2018年)。現在は同大学大学院芸術研究科に在学中です。

加藤晴生

「てがみを、かきましょう」

 今回の個展は会場を大きく2つのゾーンに分け、それぞれ異なる雰囲気で展開。1つは「てがみを、かきましょう 」と題した企画展で、2017年3月~18年1月に撮影したカラーフィルムによる38点が展示されます。写真はすべて島根県と福岡県で撮影されています。

 「島根と福岡、2つの場所を巡りながら自身を見つめ作品を制作しています。島根は自分の原点。そして”今“を見つめることができる福岡という場所」と加藤さん。

加藤晴生

「your eyes told me」

 もう1つは「Your eyes told me」と題し、19年6~9月に撮影した24作品。撮影地は東京をメインに福岡県と島根県。デジタルで撮られたモノクロの写真です。

 「視線に映るもの」がテーマ。「大学院生となり、新たな写真へのチャレンジとして白黒写真に挑戦してみた」と加藤さんは話します。

 加藤さんは、写真だけでなく文字の表現も大切にしていて、両ゾーンの写真には文字が組み合わせてあります。写真と言葉が織りなす世界観を体感してみては。

「てがみを、かきましょう」加藤晴生写真展

日時:~3月7日(日)12:00~19:00 ※月・火曜休
場所:EUREKA エウレカ(福岡市中央区大手門2-9-30-201)
料金:入場無料
問い合わせ:EUREKA 
電話:092-406-4555

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「島留学」って何? 唐津の島の学校に留学してみませんか
    ファンファン福岡編集部
  2. 2「そんな胸で、母乳が出るの?」義母の言葉から守ってくれ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3【幼稚園ママにドン引き】撮影命のママが参観中、先生にク…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4【ボスママの逆襲】幼稚園のママ会でさらし者にされてドン…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408