専門医がアドバイス「足と心臓を結ぶ血管の働き」 六本松 足と心臓血管クリニック 竹内一馬先生

 全身を巡る血管と足の関係について、六本松 足と心臓血管クリニック(福岡市中央区)の竹内 一馬先生に聞きました。
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。
西日本新聞

【循環器専門医】六本松 足と心臓血管クリニック 竹内一馬先生

 京都府出身。福岡大学医学部卒業。同医学部心臓血管外科講師、那珂川病院血管外科部長などを経て2018年「六本松 足と心臓血管クリニック」を開業。NPO 法人「足もと健康サポートねっと」 代表。健康は足元から、をモットーとした質の高い診療とケアが評判。

西日本新聞

年齢とともに衰える血管。心臓から足先まで、全身を巡る血液が健康を支えます

脳梗塞、心筋梗塞…血管が詰まり重篤な疾患が

 人間の全身にくまなく流れている血液を運ぶ道である血管は、生命を健やかに維持するために欠かせない器官です。この血管に老廃物が詰まるなど、なんらかのダメージが起こることでさまざまな疾患を引き起こします。

 例えば、 脳の血管が詰まれば「脳梗塞」、心臓の血管に異常が起これば「心筋梗塞」、足にできた血栓が肺に運ばれて詰まる疾患は「エコノミークラス症候群」と呼ばれています。どれもよく耳にし、後遺症の心配だけでなく命の危険もある病気ばかりで、いかに血管を健康に保つことが重要であると分かるのではないでしょうか。

 血管は年齢とともに硬くもろくなります。古い輪ゴムを思い浮かべると分かりやすいかもしれません。血管の劣化の原因は加齢だけではなく、喫煙や肥満、高血圧や糖尿病、脂質異常症、さらに遺伝性なども考えられます。

西日本新聞

血液が全身を巡るためには足の筋肉が必要不可欠

 血管を通じ、血液を全身に送るのが心臓です。心臓の機能は「ポンプ」として動脈へ送り出すことです。つまり、足先まで行った血液が静脈に乗って心臓に戻ってくるまでは足の筋力が必要です。血液は勝手にぐるぐる全身を巡っているわけではありません。足を動かさないと血液は滞り、むくみから血栓症まで引き起こしてしまうのです。だからこそ「足は第二の心臓」であり、密接な関係を持つ足と心臓を同時に診られる当院のような診療スタイルが必要だと考えています。

 足の冷えやむくみ、歩くと足が痛むなどの違和感があれば、そこから何か隠れている疾患が見つかるかもしれません。血管年齢を計測し、生活指導を行い、症状によって内服薬などの処方で解決することも。気になったら早めに診察を受けてみましょう。

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1移住希望地ランキングで佐賀県8位!【さが移住サポートデ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部