天神のネオ屋台は博多女子が熱烈歓迎!人気おすすめ屋台【Telas&mico】

福岡観光の代名詞といえば屋台ですよね!とはいえ「屋台は入る勇気がいるからちょっと…」なんて方も多いのでは?という勝手な憶測のもと、今回は天神エリアにある【Telas&mico】さんへ行ってきました!博多女子のみでなく、全国各地から女子旅で訪れるお客さんも多いというこちらのお店、私事ですが40歳目前の38歳の誕生日前日に突撃取材&YouTube撮影してまいりました!
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。おでかけを楽しめる時の参考となりますように、少しでも安らぎとなりますように、引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。
サラダボウル福岡

やってきました。こちら!「Telas&mico (テラス&ミコー)」さん!
天神はLoft前の路上の夜に現れるターコイズブルーを基調とした、他の屋台とは一風変わった目を引くかわいい外観。
わたくしはよくお店の前を通るのですが、いつも多くの女性で賑わっていて前々から気になっていたんです。

なんでもマツコ会議でも“ネオ屋台”として取り上げられたというこちらのお店。期待に心踊り脳内で自然とワルツが奏でられたところでいざ、入店!

(※“日本テレビ マツコ会議HP”参照)

サラダボウル福岡

店内に入ると、むむむ…!

迎えてくれたこちらの一見コワモテな方は、オーナーシェフの久保田さん。
話すと気さくで真面目で人柄の良さが自然とジュワっと、看板料理の鉄串チキンの肉汁が如く滲み出てらっしゃいますw
久保田さんのこの親しみやすさは作れるものではないですからね!

しかも久保田さんはイギリスの有名店で世界各国の料理を学び、経験を重ねてお店を構えられたとのこと。
雰囲気はもちろんお味も世界の折り紙つきです。
人気の理由がひとつわかりました!

サラダボウル福岡

そして店内を見渡せば、綺麗な内装に天井には有名人のサインが!
屋台らしからぬオシャレなお酒のビンや食器類、割り箸ではなくフォークとナイフが並べられています。
しっとり赤のれんの屋台もいいけれど、こんな綺麗でおしゃれな屋台は気分がハッピーになっていいですね!最高!

てことで注文!

サラダボウル福岡

こちらは鹿児島のウイスキーを使用したハイボール!
映えてない?
ねぇ映えてない?映えてますよね!

40歳手前のわたくし大坪が手に持つハイボール。

普通でしたらただのおっさんのくだ巻きハイボールにしかなりませんが、こちらのお店で撮ればあら不思議!
映え映えの映えハイボールになっちゃいます!(自画自賛ですw)

もちろん料理も映え映えです!是非動画でチェックしてください!

そんなおっさんインスタグラマーもどきがパシャパシャ撮影をしていると、あれあれ??

サラダボウル福岡

そう!お店の背後で聞こえる黄色い声!
(待望の)女性の姿が!今まさに入る?入らない?会議が行われているぞ!
是非来てくれ!そしておじさんと屋台で楽しく飲み交わそうではないか!それでいいじゃないか!
YouTube動画の撮れ高的にも来てくれよー!

というわけで、果たして撮影の次の日に38歳を迎えるわたくし大坪の悲痛な叫びは届くのか?

結果は動画で楽しくお確かめください!

福岡天神のネオ屋台「Telas&mico」是非訪れてみてはいかがでしょうか。

Telas & mico(テラスとミコー)

住所:福岡県福岡市中央区渡辺通4丁目 LOFT前
電話:092-731-4917
営業時間:18:45~
定休日:日曜・月曜・雨天荒天の日

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1簡単!100均てぬぐい☆コンビニエコバッグの作り方
    Mochico2408
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3「LINEの使用を禁止します」園長先生の一言にママたち…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5不謹慎? 子どもを公園で遊ばせていたら苦言を呈されて…
    ファンファン福岡編集部