キネマの神様×ニューレトロがコラボ! インキューブのオススメ4選

 8月6日(金)公開予定の映画『キネマの神様』とハイタイドのブランド「ニューレトロ」のコラボグッズが、プラットインキューブ西新店(福岡市早良区)で発売されています。映画の世界観が表現された全8種類のアイテムの中から、人気商品やオススメグッズを取材しました! ※価格は全て税込み
この記事の目次

インキューブ初の小型店! 約7,000点の商品がそろう「プラットインキューブ」

どこか懐かしさを感じるコラボグッズを紹介♪

 PRALIVA(プラリバ)内に店舗を構えるプラットインキューブ西新店。現在、松竹映画100周年を記念した作品『キネマの神様』と、ハイタイドのブランド「ニューレトロ」がコラボしたユニークなアイテムが登場しています。

 販売されているアイテムは全8種類。過去と現在が映画を通してつながる『キネマの神様』のストーリーに見立てて、同映画にまつわるモチーフやレトロな雰囲気が表現されています。

 今回は、そんなコラボグッズの中から人気の高いアイテムやオススメを聞いてきました! どの商品もなくなり次第終了なので、ぜひ早めにゲットしてくださいね。

人気No.1「刺繍キーホルダー」各550円

両面に絵やロゴなどが刺繍されたキーホルダー

 映画モチーフがカラフルなグラフィックで落とし込まれたキーホルダー。こちら同コラボグッズの中で最も人気の商品なのだとか! 女性や若い層を中心に手に取る人が多いそうですよ。

 昭和のスターやポップコーン、クリームソーダなどといった、飽きが来ないかわいらしいデザインが特徴的。刺繍がしっかりしているので、簡単に折れ曲がる心配もなさそうです。

もらって嬉しい「ハンドタオル」660円

年齢問わず、プレゼントにもぴったりなアイテムです!

 綿100%で吸収性に優れ、ふんわりとした触り心地のハンドタオル。映画監督、昭和のスター、女優といったシュールな刺繍が施されています。種類は全3種類ですが、人気のため同店では”映画監督”のみの取り扱いに。他デザインのハンドタオルが気になる人は、コラボグッズ公式サイトをチェックしてくださいね!

広げるとこんな感じに♪

使い勝手バツグンの「巾着袋」各770円

ちょうど良いサイズ感! 小物分けするのにオススメ

 昭和のスターや女優がプリントされた巾着袋。その他、白地のポップコーン絵柄や、ピンク地のクリームソーダ絵柄がそろいます。

 こちらの商品ですが、若い層はもちろん、年配の人たちにも人気のアイテムなのだとか! デザインはもちろんのこと、化粧品やお菓子入れなど、日常使いしやすい点が重宝しそうな商品ですね。

光る!「看板キーホルダー」各660円

一見普通のキーホルダーですが…

 手のひらサイズの看板キーホルダー。スイッチを入れるとLEDライトが点灯し、「ニューキネマ」の映画館版や「上映中」のライトが光る仕掛けになっています!

 昭和を感じるノスタルジックな雰囲気に、映画好きな人にはたまらないアイテムでは。子どもがランドセルなどに付けても、ユニークでかわいらしいコラボグッズです。

コラボグッズの人気・おすすめアイテムを紹介して下さった、プラットインキューブ西新店 店長 椛島さん

 PRALIVAでは、7月22日(木・祝)~8月31日(火)までの期間中、オープン2周年を記念したイベント「PRALIVAの誕生祭」を実施中! 各ショップにてお得な特典やフェアが開催されています。

 是非この期間にPRALIVA、そしてプラットインキューブ西新店へ足を運んでみてくださいね♪

プラットインキューブ西新店

場所:PRALIVA 1階(福岡市早良区西新4‐1‐1)
営業時間:10:00〜20:00
定休日:不定休(施設に準じる)
駐車場:施設内なし ※提携駐車場あり(紙与パーキング西新 321台)
電話番号:092-407-1374

※掲載されている情報は、2021年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1この夏、ハウステンボスへ! ワクワクが止まらない”夏祭…
    ファンファン福岡編集部
  2. 27月29日から福岡市で舞台「ほぼ、コドモ」が開幕
    ファンファン福岡編集部
  3. 3世界で3番目に小さい国で飽きずに6日間過ごす方法
    ファンファン福岡編集部
  4. 41日たったの30分!「サーキットトレーニング」で効率的…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部