博多でおしゃれなパスタを楽しもう!ランチ情報もふんだんに6選紹介

博多といえばラーメンが有名ですが、パスタも忘れてはいけません!博多駅周辺にはおしゃれで美味しいパスタ屋がたくさんあるんです。今回はデートや女子会で使えるおしゃれなイタリアンから、気軽にランチを楽しめるお店まで6選ご紹介します。
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

1. 博多で自家製の生パスタ食べよう!ランチの生パスタは売切れ御免!「熟成パスタ ロケット」

最初にご紹介する博多で美味しいパスタが食べられるお店は、博多駅から徒歩約5分の場所にある「熟成パスタ ロケット」です。
オープンキッチンの店内はアットホームで、誰でも気軽に入りやすい雰囲気。家族での食事や恋人とのデートなど、いろいろなシチュエーションで利用できます!

カウンター席もあるので、1人で気軽にランチも楽しめますよ◎

「熟成 ロケット」で名物生パスタを堪能!

おすすめは自家製で手打ちの生パスタ!熟成された生パスタはモチモチの触感。1度体験したら、普通のパスタには戻れなくなってしまうかもしれません。
スープとサラダ付の「ランチパスタ」¥900(税込)に+¥100(税込)で生パスタにすることができます。

生パスタは数量限定売り切れ御免の人気メニューなので、ご注文の際はお早めに!

ロケット (Rocket【旧店名】ピーチェリーノ)
詳細情報を見る
tabelog
hot-pepper-gourmet

2. 博多で和食とパスタの融合を味わう!「プレミオ ピエトロ KITTE博多」

次にご紹介する博多で美味しいパスタが食べられるお店は、博多駅から徒歩約3分の場所にある「プレミオ ピエトロ KITTE博多」です。

和風パスタを食べたい人にはこちらのお店がおすすめ!"炊き立てのご飯に合うものは、茹でたてのスパゲッティにも合う"というコンセプトで斬新な和風パスタを提供しています。
写真のパスタは「高菜&ひき肉」¥880(税抜)。確かに高菜ってご飯にもパスタにも合いますね◎
和とイタリアンの融合をお楽しみください!

ランチの時間もゆったりパスタを堪能

「プレミオ ピエトロ KITTE博多」でランチパスタもおすすめ。お店は毎日11:00から営業しています。ランチからディナーに切り替わるときにお店がクローズしないので、ゆったりランチを楽しむことができます!

「小海老と白菜のクリームソース」¥980(税抜)や「蟹と蟹みそのスパゲティ」¥1,380(税抜)など様々なパスタがあって迷ってしまうほどです!
ランチパスタにはミニサラダとドリンクが付いてきますよ♪

プレミオ ピエトロ KITTE博多店 (PREM…
詳細情報を見る
gnavi
hot-pepper-gourmet
tabelog

3. 博多でデートにもおすすめな!ランチはコースなのにそんなに安いの?「WITH THE STYLE cotton.」

次にご紹介するのは博多駅から徒歩約8分の場所にある「WITH THE STYLE cotton.」です。
開放感が満載のオープンキッチンが備わっている店内はとってもおしゃれ。デートなんかにもおすすめです!料理の前にまず、お店の雰囲気を楽しめるくらいおしゃれなんですよ◎
誕生日や記念日、ちょっと特別な日に訪れるのもおすすめのイタリアンです。

ランチからイタリアンのコースが楽しめる!

「WITH THE STYLE cotton.」では、イタリアンのコースがおすすめ!そしてランチでもコース料理が堪能できてしまうんです!
人気のコースは「cotton.lunch」¥2,300(税込)。前菜+パスタ+メイン+ドリンクが付いてこのお値段なんです!お手頃な価格でイタリアンの本格コースが堪能できると評判ですよ。
平日限定のコースなのでお気をつけくださいね。

コースのパスタやメインって何が選べるの?

コースのパスタやメインに何を選べるか気になりますよね。
ランチコースのパスタは「ベーコンと燻製モッツアレラのトマトソース」や「真鯛と菜の花のアーリオオーリオ」など4種類。+¥300(税込)で「生ウニクリームのリングイネ」にすることもできます!

そしてメインも本格的!「糸島豚と春キャベツのグリル」や「鰆のソテー 春野菜とサルサヴェルデ」などがお選びいただけます。
ランチから本格的なイタリアンコースを堪能しちゃいましょう!

WITH THE STYLE cotton
詳細情報を見る
ikyu
tabelog

4. 博多でおしゃれなパスタ屋さん♪お得なランチセットも必見!「ワイン食堂 リコロソ」

次にご紹介する博多で美味しいパスタが食べられるお店は、博多駅から徒歩約5分の場所にある「ワイン食堂 リコソロ」です。
デザインされた開放的な空間は居心地抜群。おしゃれな店内でゆったりとパスタを楽しむことができます。店内はテーブル席の他に、カウンター席やソファ席を完備。デートや女子会、家族でのお食事などいろんな用途で使用できそうですね!

ランチのパスタセットが安い!

※写真はイメージです

「ワイン食堂 リコソロ」はランチも人気!「パスタランチ」は選べる日替わりパスタ1品と前菜のサラダ、野菜のスープ、ソフトフランスが付いて¥880(税込)!こんなにも豊富なセットでこのお値段は安いですよね◎
日替わりでいろんなパスタが登場するので、どのパスタが出てくるのかはお楽しみですよ♪

ワイン食堂 リコロソ (licoroso)
詳細情報を見る
hot-pepper-gourmet
tabelog

5. パスタは37種類!博多ならではの変わり種パスタも気になる♪「37 PASTA」

次にご紹介する博多で美味しいパスタが食べられるお店は、博多駅直結「JR博多シティ」9Fにある「37 PASTA(サーティーセブンパスタ)」です。
こちらは店名の通り37種類ものパスタが取り揃えてあるお店。和風パスタ・トマトソース・冷静パスタ・オイルパスタなど、様々な種類のパスタが選べるんです!
これだけの種類があれば、好みのパスタが見つかりそうですね!なかなか決められないという贅沢な悩みも出てきますが…。

どんな味がする?博多ならではの変わり種パスタも!

定番のパスタだけでなく、あまり見かけない変わり種パスタに出会えるのも「37 PASTA」の魅力!
博多ならではのメニューもあるんです!その名も「博多名物もつ鍋風スパゲッティ」¥1,480(税抜)。

パスタの上には国産のモツがたっぷり乗っています!もつ鍋の〆のような味わいでしょうか?いろいろな想像が膨らむパスタですね!

博多名物"明太子"を使った明太スパゲティもおすすめ!

博多の名物といったら真っ先に明太子を思い浮かべる人も多いのではないですか?そんな明太子を使ったパスタもあります!

「博多ふくや明太子と魚介のスパゲッティ」は¥1,470(税抜)でのご提供。
明太パスタはいろんなお店でよく見かけますが、博多の明太パスタは一味違いますよ!是非食べてみてください!

37 PASTA (サーティーセブンパスタ)
詳細情報を見る
gnavi
hot-pepper-gourmet
tabelog

6. パスタランチにはビュッフェがついてくる!博多でお腹いっぱい食べるなら「トラットリア ヴェントーノ」

最後にご紹介する博多で美味しいパスタが食べられるお店は、博多駅から徒歩約3分の場所にある「トラットリア ヴェントーノ」です。
白を基調とした店内は広々としていてゆったり過ごすことができます。天井が高いので開放感もありますね!

夜は貸切予約のみですが、朝やランチの時間帯はどなたでも利用いただけます。

パスタランチにはビュッフェが付いてくる!

「パスタランチ」は¥1,200(税込)。「ありた鶏と春菊のアラビアータ」や「海老とマッシュルームのクリームソース」など日替わりでパスタが登場します。
そして「パスタランチ」にはビュッフェが付いてきます!サラダ・スープ・パン・デザート・ドリンクなどがバイキング形式で食べ放題!
メインのパスタと一緒に、心行くまでお楽しみください◎

トラットリア ヴェントーノ
詳細情報を見る
gnavi
hot-pepper-gourmet
tabelog

博多でおしゃれなパスタを食べよう!

いかがでしたか?今回は博多で美味しいパスタが食べられるお店を6選ご紹介しました。
イタリアンって女子会やデートなど、いろんなシーンで利用できて便利ですよね!お気に入りのパスタ屋を見つけておいて損はないはず!
何かの機会に是非行ってみてくださいね♪

※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2大人だって社会科見学を楽しみたい! 九州電力「E-LA…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4福岡市内のコロナウイルスによる臨時休業情報をまとめました
    ファンファン福岡編集部
  5. 5karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部