「佐賀県と私たちの地域移住セミナー/親身相談会」開催!

 「佐賀県と私たちの地域移住セミナー/新身相談会」が2月15日(土)、六本松蔦屋書店(福岡市中央区)で開催されます。主催は佐賀県移住サポートデスク。今回紹介される地域は伊万里市・有田町です。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。
さが移住サポートデスク

「一生住む場所だから。私たちは慎重に伊万里、有田を選びました。
 自然が豊かで子どもが 伸び伸びと成長するところ。伝統が深く、誇りに感じられる文化があるところ。
 ビジネスチャンスが広がりキャリアアップできるところ。これが佐賀の特徴、伊万里・有田の魅力です」

 佐賀県伊万里市・有田町の魅力を紹介するトークイベント「佐賀県と私たちの地域移住セミナー/親身相談会」が2月15日 (土) 午後1時半から、六本松蔦屋(つたや)書店のアートスペースで開催されます。

岩楯忠介氏

伊万里市・有田町に実際に移住し、理想の住まいと子育て、暮らしをかなえた3人のゲストが、佐賀暮らしの魅力、仕事、佐賀でかなえた“Sクラスな暮らし”について語ります。

 トーク終了後は、ゲストと気軽に話ができる交流会も予定されています。

 参加費は無料で当日参加もOKです。

 住む場所を選ぶことは、生き方を選ぶこと。自分らしい人生、家族の本当に幸せな生活をもう一度考えてみるためにも、この機会に話だけでも聞いてみませんか。今後の人生設計のヒントにしてみてはいかがでしょう?

<ゲスト1> 森永一紀さん(37歳・長崎県から伊万里市に移住)
 Jターン10年目。妻の実家がある佐賀県に移住。バー「ragazza」、カフェ「LIB coffe IMARI」オーナー。大学卒業後、東京でメーカー営業、伊万里で半導体製造業を経て現在に至る。伊万里に面白い大人がいることを伝えたいという思いから地域活動集団「GOLD U-35」を結成

森永一紀氏

<ゲスト2>岩楯忠介さん(41歳・東京から伊万里市に移住)
 Iターン3年目。妻の実家がある佐賀県に移住。とほぼ同時に広告制作会社「ニコ」と市民大学「まちの大学いまり」を設立。地域にしかないいいものを再発見、再定義、再開発、再発信する事業に取り組む。

岩楯忠介氏

<ゲスト3>長田加奈恵さん(32歳・有田町へのUターン移住)
実家のある佐賀県にUターン移住1年目。東京のWeb系の会社に籍をおいたまま在宅社員として週3日勤務。週2日をフリーランスとして働く。

さが移住サポートデスク
さが移住サポートデスク
さが移住サポートデスク

佐賀県と私たちの地域移住セミナー/親身相談会

日時 : 2月15日 (土) 13:30~15:30(受付開始13:00)
会場 : 六本松 蔦屋書店アートスペース (福岡市中央区六本松4-2-1 六本松421 2階)
参加費 : 無料
定員 : 25人
申し込み:下記HPから ※当日参加も可
プログラム :
13:30 3人の移住者による伊万里暮らしトーク
14:30 ゲストを交えての交流会
15:30 終了予定
問い合わせ : 佐賀移住サポートデスク (佐賀県庁内)
電話 : 0952-25-7551
Eメール : sagaiju@pref.saga.lg.jp

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1“身体(からだ)も心も整える”博多阪急で「ウェルネスラ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2エコ活動でプレゼントが当たる! エコファミリー応援アプ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3大人だって社会科見学を楽しみたい! 九州電力「E-LA…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部