昭和の「くにさき」を写真で振り返るパネル展〜国東半島へ行こう!

 大分県国東半島に位置する豊後高田市、国東市、杵築市、姫島村の最新情報をお届けします。今回は国東市の新春イベントを紹介します。

昭和の「くにさき」を振り返る モノクロに見る国東紀行

 1978年に小学館から出版された写真家・石元泰博さんの写真集「国東紀行」を中心にした企画パネル展「写真家石元泰博 モノクロに見る国東紀行 昭和の『くにさき』を訪れた客人(まろうど)たち」が4月5日(日)まで国東市歴史体験学習館(同市国東町)で開催中です。

両子寺(c)高知県, 石元泰博フォトセンター

 約40年前の「くにさき」の情景の魅力を芸術家・岡本太郎さん、詩人・吉増剛造さん、郷土史家・大護八郎さん、石元さんのモノクロ写真や言葉で紹介。それぞれが国東市を訪問した時の情感が詰まった作品47点が展示されます。

旧千燈寺(c)高知県, 石元泰博フォトセンター

 企画展示室には同展に関連した書籍の読書コーナーも設置されています。

(c)高知県,石元泰博 フォトセンター

石元泰博(いしもと やすひろ)
 1921年米サンフランシスコ生まれ。3歳の時に高知県へ帰郷し、10歳の時に景品で当たったボックス・カメラで初めて写真を撮影したのが写真家としてのスタート。東京造形大学などで教鞭をとり、文部大臣賞などを受賞。

写真家石元泰博 モノクロに見る国東紀行 昭和の「くにさき」を訪れた客人(まろうど)たち

日時:~4月5日(日) 9:00~17:00(最終入館は16:30)
※月曜休館(月曜が祝日の場合開館、翌火曜休館)
場所:国東市歴史体験学習館 1階企画展示室(大分県国東市国東町安国寺1639-2)
料金:一般200円、中学生以下100円
問い合わせ:国東市歴史体験学習館
電話:0978-72-2677

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1きょうはなに朝気分⁉️ 「わたしらしい朝」を博多阪急で…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2唐津の島の学校に留学してみませんか? 
    ファンファン福岡編集部
  3. 3【良い嫁キャンペーン終了】手土産を突き返した姑に、復讐…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部