博多エリアの“ばりウマ”なホテル朝食を食べ比べ!

 福岡市博多区にある、三井不動産グループの「三井ガーデンホテル福岡祇園」と「三井ガーデンホテル福岡中洲」及び、三菱地所グループの「ザ ロイヤルパークホテル 福岡」は、近隣3ホテル共同企画として、「【WEB連泊限定】毎日3店舗から選べる!朝ごはん満喫プラン♪」を4月28日より販売中。ワ―ケーションにもぴったりな宿泊プランです。
この記事の目次

毎日違う朝食を楽しめます◎

ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ

 ザ ロイヤルパークホテル 福岡の「Precious ONO HAKATA(プレシャス オノ ハカタ)」では、中華粥や餡掛け卵料理、朝から〆る麺料理の“〆ラー”をはじめ、和洋中約50種類の料理が楽しめます。

 三井ガーデンホテル福岡祇園の「うお田」では、九州・福岡の素材や味、季節感を大切に受け継いできた日本の朝食を。

 三井ガーデンホテル福岡中洲の「小野の離れ 博多本店」では、九州・玄海の厳選された食材を、今まで以上に進化した調理法で提供してくれるそう。

 毎日同じお部屋で落ち着いて過ごしながら、朝食は異なるところで。朝が楽しくなる宿泊が体験できます。

うお田(三井ガーデンホテル福岡祇園 1階)

ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ

提供時間:6:30~10:00(最終入店9:30)

朝食内容:和洋ブッフェ

新鮮な魚や農家直送の野菜、特Aランクの米、八女のお茶、博多ソウルフードの明太子、ごま醤油和えの刺身など、九州・福岡の素材や味、季節感を大切に受け継いできた日本の朝食を堪能できます。

小野の離れ 博多本店(三井ガーデンホテル福岡中洲 1階)

ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ

提供時間:6:30~11:00(最終入店10:00)

朝食内容:和洋ブッフェ

長浜市場で仕入れた旬の魚介を使った、多彩な調理法で名高い日本料理ダイニング。九州・玄海の厳選された食材を、今まで以上に進化した調理法で朝食を楽しんでみては。

Precious ONO HAKATA(ザ ロイヤルパークホテル 福岡 1階)

ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ

提供時間:6:30~11:00(最終入店10:00)

朝食内容:和洋中ブッフェ

おすすめは身体をポカポカに温め、エネルギー源にもなる「中華粥」と「餡掛け卵料理」。〆には、さっぱりとした「朝から〆る麺料理」の“〆ラー”。

ブッフェ台にずらりと並んだ約50種類の料理を、ゆっくりと楽しむのもいいですね♪

【WEB連泊限定】毎日3店舗から選べる!朝ごはん満喫プラン♪

ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ

 福岡・博多エリアに位置する3ホテルの朝食を満喫できる宿泊プラン。3ホテルいずれのホテルに宿泊(2連泊以上)しても、自由に朝食会場を選べます。

 その日の気分に合わせて、3ホテルのレストランから好きな店舗を選んで、朝から思う存分料理が楽しめますね♪

【対象ホテル】
三井ガーデンホテル福岡祇園
三井ガーデンホテル福岡中洲
ザ ロイヤルパークホテル 福岡

【販売期間】
4月28日(水)~7月20日(火)

【宿泊期間】
5月9日(日)~7月20日(火)

【料金】
1泊1名あたり/消費税・サービス料・宿泊税込
1室1名 利用時 8,500円~
1室2名 利用時 6,000円~
1室3名 利用時 5,000円~

【プラン特典】
朝食を宿泊ホテル以外のレストランでも利用できます。利用可能レストランは以下です。

・うお田(三井ガーデンホテル福岡祇園 1階)
・小野の離れ 博多本店(三井ガーデンホテル福岡中洲 1階)
・Precious ONO HAKATA(ザ ロイヤルパークホテル 福岡 1階)

※朝食はプラン料金に含まれます。
※朝食は先着順です。混雑が予想される日もありますので、時間に余裕を持ってお越しください。

▼プラン詳細の確認、予約は公式WEBサイトから

※掲載されている情報は、2021年05月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 11000人に聞いた! おすすめのサブスク音楽サービスラ…
    ファンファン福岡イエゴト調査隊
  2. 2「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3祖母が語った不思議な話・その壱「神社」
    チョコ太郎
  4. 4なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部