祖母が語った不思議な話・その肆拾漆(47)「杣人の話 その弐」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。
チョコ太郎

イラスト:チョコ太郎

 「お父さんは杣人(そまびと。きこり)からこんな話も聞いたって言ってたね」
 そう言うと祖母は語りだした。

チョコ太郎

 ある晴れた日、杣人のNさんは家から少し離れた山に仕事に出かけた。
 いつもの慣れた山道を歩いていると向こうから真っ白な髭を生やした山伏が下りて来た。

 「いい天気ですなあ」

 声をかけると山伏は立ち止まりNさんの顔をしげしげと見、いきなり大声で九字を切った。
 「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前!」
 
 さらに真っ黒な丸薬を取り出し飲めと言う。
 その勢いにNさんは言われるがまま薬を飲み下した。
 訳を聞こうとしたときにはもう山伏の姿は見えなくなっていた。

チョコ太郎

 気を取り直して山道を進んで行ったが、突然刺すような腹痛に襲われた。

 「さっきの薬か?」

 あまりの痛さに這うようにして、なんとか山小屋にたどり着いた。
 山小屋には先客がいた。日に焼けた若い男で炭売りだった。
 男はあれこれと話しかけてきたがNさんはそれどころではなく、横になってじっと目をつぶっていた。

 うとうとしていると、外から女の声がした。

 「もし、どなたかおられませんか? おられませんか?」
 「おお、おるぞ!」
 炭売りはそう答えると扉を開け、女を招き入れた。

 「綺麗な女だな…」とNさんはぼんやり思ったが、そこで意識が遠のいた。

チョコ太郎

 Nさんが目を覚ますとすっかりあたりは暗くなっていた。
 小屋には誰もおらず、売り物の炭は置きっぱなし。
 とうとうその夜、炭売りは帰ってこなかった。

 翌朝、体調が回復したNさんは小屋を出て仕事場の山に向かって出発した。
 しばらく山道を歩いていると頭の上でばかにカラスが鳴いている。
 何だろうと見上げると大きな杉の木のてっぺん近くに何かがぶら下がっている。

 「あの男だ…」

 とても普通の人間が昇れない高い枝で炭売りが首を吊っていた。

チョコ太郎

 「山伏に薬を飲まされていなかったら…ぶら下がったのは俺だったかもしんねえな」
 Nさんはそう締めくくった。

あわせて読む
祖母が語った不思議な話・その肆拾陸(46)「杣人の話」
※掲載されている情報は、2021年05月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 11000人に聞いた! おすすめのサブスク音楽サービスラ…
    ファンファン福岡イエゴト調査隊
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4まさかこれも売れるの?主婦の新お小遣い稼ぎ!メルカリで…
    ファンファン福岡編集部
  5. 53才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部