【第1回 家計簿診断】3年後までに100万円を貯めるには?

 自分のお金の使い方ってどうなんだろう? 気になるお金の疑問や「人生設計」に関する話を、「生活の窓口」のFP(ファイナンシャルプランナー)に聞きました! 
この記事の目次

今回の相談者は「Kさん」

 Kさんの課題は、「お金をあるだけ使ってしまいがちなので全然貯金ができない」とのこと。

 目標の100万円を貯めるにはどうすればいいのか、ファイナンシャルプランナーの香月和政さんが解説します。

今回のFP:香月和政さん

Kさんの1カ月の収支。

ここは「アッパレ!」

 保険料は比較的安く抑えていますね! Kさんの場合、大きな死亡保障は不要なので、医療保険など入院や手術に備えるものを準備しましょう。

 水道光熱費も頑張っています。このまま継続していきましょう!

ここに「喝!」

 通信費が高いですね。2021年3月からはスマホ料金の値下げも始まっています。ご自身の使い方に合わせて、見直していきましょう!

 被服・理美容費をもう少し減らすことで、家計に余裕ができます。切り詰めるのではなく、今よりちょっと減らす、くらいのイメージで頑張りましょう。

 毎月の貯蓄が全体の2%未満しかないので、まずは20%を目指しましょう。

【今回のキーワード】殖やす貯蓄も考えよう!

 4月は新しいことを始めるきっかけの時期。資格を取ってスキルアップすることで収入を増やしたり、家計を見直したりすることで暮らしを変えることができます。通信費や保険を見直すことで余裕も生まれます。

 「収入から支出を差し引き、残った分を貯蓄」では、なかなか貯まっていきません。まずは収入から先に決まった額を貯蓄して、残りの金額で生活をする方法に変えてみましょう。

 貯蓄をする場合も、半分は銀行の預貯金に、残り半分は毎月「つみたてNISA」にするなど、将来を考た“殖やす運用”にするのもお勧めです。

 「つみたてNISA」は、長期間運用することを前提として作られていますが、必要な時は分割して解約をすることもできます。続けるうちに、思わぬ金額になっていることもあるので、できるだけ長く続けましょう。

家計簿診断に応募してみませんか?

 皆さんの「家計簿」応募をお待ちしています。下記応募フォームから必要事項を入力し、送信してください。紙面に掲載された人には「生活の窓口」FPによるオンライン相談をプレゼントします(相談は必須ではありません)。

※応募いただいた個人情報については、本企画以外には使用しません。

※掲載されている情報は、2021年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 13才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3karte.12 傷をきれいに早く治す方法vol.3〜…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4わが子の目が一重まぶたか二重まぶたか、気になる?!
    ファンファン福岡編集部
  5. 5【マイナポイントとは?】子どものマイナンバーカード申請…
    Mochico2408
  • トップ
  • 【第1回 家計簿診断】3年後までに100万円を…