見て楽しい! 食べておいしい!「ちらしずし・手巻きずし」特集♪

 美しい桜の咲く季節に、華やかなちらし寿司はいかが? 家族での行楽や入学、新生活のスタートを祝う席にもぴったりの福岡市内でテークアウトできる、ちらしずしと手巻きずしを紹介します。 ※価格は全て税込み
この記事の目次

たつ庄(手前)、月や(奥)

フワフワに煮上げた天然アナゴを丸ごと1本!【むら川.】

「煮穴子ちらし寿司」2,500円 前日までに要予約。受け渡しは11:00~20:00

 対馬や玄界灘産の新鮮なアナゴが主役。丁寧に煮たアナゴは、ふんわりとろける食感とやわらかな甘味が格別です。

 店主の村川さんは、東京や神戸の料亭、割烹(かっぽう)で研さんした腕利きの料理人。酢飯には、だしを煮詰めた高野豆腐や刻みレンコンを加えるなど、細部に工夫が光ります。

アナゴは直前に皮目を軽く焼き、煮汁を煮詰めて作った「ツメ」を塗り仕上げます

渡辺通りの路地裏にのれんを下げる。地産食材で作る会席料理が自慢

「4月から甘味・喫茶営業もスタートします」と、店主の村川厚二さん

むら川.

住所:福岡市中央区渡辺通5-15-8

電話:092-734-2118

職人の仕事が生きる豪華な一折り【たつ庄】

「ちらし寿司」4,500円 2日前までに要予約、1日限定10食。受け渡しは12:00~14:00、17:00~18:00

 この道32年のすし職人・立石さんが手掛けるのは、12種類もの旬ネタが輝くちらしずし。

 魚介は九州を中心に、本マグロは東京・豊洲市場の仲卸「やま幸」から直送。とろける中トロ、美しいサヨリ、車エビや煮アワビなど、しいれで変わるネタが赤酢のしゃりに寄り添います。

最上級の本マグロを仕入れ。写真は山口県・仙崎市産の中トロ

イチョウの白木のカウンターを据える、りんとした空間です

「ちらし寿司は自家製からすみ、ガリ、お茶付きです」と、店主の立石修二さん

たつ庄

住所:福岡市中央区高砂1-19-28

電話:092-522-3390

ピシッと並んだネタが美しい!【豚そば 月や 大名店】

前日までに要予約。受け渡しは営業時間内(インスタグラム参照)

 「クリア豚骨ラーメン」の専門店なのに、ちらしずしもおいしいと評判の同店。

 酢飯の上には、皮目をサッと炙(あぶ)った鯛(たい)の昆布締め、酢締めのコハダ、煮アナゴなどのネタがズラリ。店主の久保さんは元すし職人で、その腕前が存分に発揮されています。

 注文は3個から受け付けているそうです。

正方形にかたどったネタを美しく盛り付け。食材は仕入れによって変わります

中央区役所そば。青いひさしとのれんが目印です

「大名店限定 クリア魚介豚骨出汁(だし)そばも!」と、店主の久保徹さん

豚そば 月や 大名店

住所:福岡市中央区大名2-2-44

電話:092-791-1875

和と洋を融合! ぜいたくな和牛ちらし【炉端NUMBER SHOT】

「金のローストビーフのチラシ寿司」2,700円 前日予約推奨。受け渡しは営業時間内(店舗インスタグラム参照)

 九州産の食材を厳選し、和洋折衷な料理を提供する同店では、和牛のちらしずしが好評。

 しっとりやわらかい自家製のローストビーフに、ウニ・イクラ・キャビアのまろやかな塩気が絡みます。

 九州産の米をやや硬めに炊いて作る酢飯と、だし巻き卵も相性抜群です。

低温調理で作るローストビーフ。大分県など九州産黒毛和牛のもも肉を厳選

キッチンに面したカウンターが主役のおしゃれな店内

「市場直送の鮮魚を使ったにぎりずしも人気」と、店長の服巻裕太さん

炉端NUMBER SHOT(ろばた なんば しょっと)

住所:福岡市中央区大名1-12-36

電話:092-707-3801

唐津の名店とコラボ! 桜色に染まる限定ちらし【けやき通り 海晴れ】

「春色ちらし寿司」2,000円 前日までに要予約。受け渡しは16:00~20:00

 すしや天ぷらを気軽に味わえる同店に、春のちらしずしがお目見え。

 赤酢のシャリに合わせたのは、佐賀県・唐津の「鮨処(すしどころ) つく田」の「海老(えび)おぼろ」。愛媛県産のブランド鯛「鯛一郎クン」の昆布締めや煮アナゴなどものり、目と舌で楽しめる一品です。

「鮨処 つく田」の「海老おぼろ」。香りと甘味が、ほろりとほどけます

「敷居の低さ」を表現した、低いは入り口がユニーク

「煮穴子押し寿司や天ぷら重折弁(各1,800円)も販売!」と、マネージャーの神尾秀和さん

けやき通り 海晴れ

住所:福岡市中央区警固2-18-17

電話:092-725-6488

好みの具材を巻いて自由に楽しもう! 【丸秀鮮魚店 博多店】

 家族や友人の集まりには、ワイワイ楽しめる手巻きずしをどうぞ!

「手巻き寿司セット」(2、3人前)2,400円~ 2日前までに要予約。受け渡しは16:00~21:00 ※写真は盛り付けイメージ

 仲卸直営の海鮮居酒屋では、早朝の競りで仕入れる魚介を盛り合わせた手巻きずしセットを販売。

 マグロの赤身・トロ・エビ・タイ・ツナマヨなどの具材、酢飯、のり、ワサビといった薬味まで全て付いて、手頃な金額も嬉しいですね。

広く開放的な店内

9種類のネタを盛り合わせ。内容は仕入れにより変動します

「4、5人前など人数に合わせた注文もOK」と、スタッフの平野周作さん

丸秀鮮魚店 博多店

住所:福岡市博多区博多駅東2-20-12 2階

電話:092-474-7977

職人のこだわりと素材が光る【鮨料理 一高(いちたか)】

「手巻き寿司セット」2人前4,000円 特製ガリ付き。前日までに要予約。受け渡しは11:00~21:00

 マグロやアジ、ウナギなど、北部九州中心に目利きするネタを引き立てるのはしゃり。

 米は、佐賀県産の無化学肥料・無農薬米を使用。浸水時間などに留意し、南部鉄器の鍋で炊き、3種類の酢を合わせて仕込みます。香り豊かな有明のりも名脇役です。

のり、ネタ、しゃりが香り立つ!

無駄をそいで、洗練された空間でのお食事はいかが

「ちらしずし(2,500円)や採算度外視のうなぎ弁当(3,000円)も!」と、店主の木宮一洋さん

鮨料理 一高(いちたか)

住所:福岡市中央区荒戸1-2-2

電話:092-791-5868

※掲載されている情報は、2021年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 13才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3え!そんなとこまで見てるの!?「幼稚園のプレ説明会を侮…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4仰天!まるでジャイアンみたいな義両親 孫の入園式でとっ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5福岡の書店員さん、君の推薦する本を読みたい【福岡キミス…
    ファンファン福岡編集部