3年ぶりの福岡開催! 「アートアクアリウム展2021」リポート

 無数の金魚が泳ぐ水槽を、色鮮やかな照明や映像で彩る幻想的な展覧会「アートアクアリウム展2021 ~博多・金魚の森~」が、5月17日(月)までJR九州ホール(福岡市博多区)で開催されています。会場リポートをお届けします!
この記事の目次

「癒やしと安らぎの非日常世界に、どっぷり浸るひとときを」総合プロデューサーの木村英智さん

 「アートアクアリウム」は、和をイメージした水槽と光、プロジェクションマッピングなど最新の演出技術が融合した水中アート。これまでに全国累計1千万人超を動員している人気イベントで、福岡での開催は3年ぶり4回目です。初日の3月19日、総合プロデューサーの木村英智さんに見どころを聞きました。

アートアクアリウムアーティストの木村英智さん

 「金魚は人の手によって作り出された、いわば“生きているアート”。今回展示されている約8,000匹の金魚の、1匹1匹が一つの作品です。そのアート性や器(水槽)の形、制作の意図などを楽しんでほしいですね」と木村さん。

 コロナ禍でさまざまな我慢や不自由を強いられている今、窮屈な日常から少し離れて、癒やしや安らぎに満ちた非日常世界に入り込めるのも大きな魅力です。

 「しゃべらず、じっくり作品と向き合っていれば自然とサイレントになるので、安全に楽しめます。リアルな水や生き物の動きを眺めていると、とてもリラックスできますよ」

ガラスの水槽を下から見上げる「金魚天井」

 九州初公開の「大政奉還金魚大屏風(びょうぶ)」は、2017年の大政奉還150周年を記念して作られたものです。「政治だけでなく、芸術にとっても大きな転換期」とされる大政奉還前後の日本美術史の移り変わりを、びょうぶ型の大型水槽にプロジェクションマッピングで投影。その中を金魚が優雅に泳ぐ様子は、まさに一大絵巻のよう!

幅約7.8m、18連の大作「大政奉還金魚大屏風(びょうぶ)」

美しく舞い泳ぐ金魚を女性に見立てた「大奥御殿スペシャル」

 木村さんが「今回の一番の目玉」と語る「ロータスリウム」は、約4m四方のハスの花がモチーフの荘厳な作品。泥水の中で成長し、美しい花を咲かせるハスの姿に、コロナ禍の苦境を乗り越える希望の光という意味を込めているそうです。

九州初出展の「ロータスリウム」は必見

照明の色が変わると雰囲気が一変します

 展示室の最後を飾るのは、高さ2.4m、最大直径2mもの巨大金魚鉢の中を、約1,000匹の金魚が泳ぐ「花魁(おいらん)」。七色に変化するライティングで、あでやかな江戸の遊郭を表現しています。

アートアクアリウムの代表作の一つ「花魁」

“映える”展覧会オリジナルグッズも充実

 販売コーナーには、かわいいぬいぐるみや和紙小物、ステーショナリーなど、金魚をモチーフにしたさまざまなグッズが勢ぞろい。鑑賞の記念やお土産にいかがですか?

和紙製の金魚マスクやコースター

マスキングテープやあぶら取り紙、手拭いもあります

 福岡市博多区の人気店「チョコレートショップ」とコラボした話題のスイーツも。カラフルなタブレットチョコレートやロールケーキは、撮影したくなること間違いなしです!

思わず目を奪われる華やかなロールケーキ

 うれしいことに、会場内は写真撮影OK。金魚マニアや写真愛好家も多く訪れるアートアクアリウムの撮影のポイントを、木村さんが教えてくれました。

 「まずは近くに寄って金魚の表情を楽しみ、次に作品全体を自分なりにどう切り取るか、最後は照明の変化や雰囲気など、会場全体を広く捉えてみてはどうでしょう。もちろんフラッシュは厳禁ですよ。公式サイト内でフォトコンテストも実施しているので、ぜひ投稿してください」

コロナ禍にほっと安らぎのひとときを過ごしませんか?

アートアクアリウム展2021 ~博多・金魚の森~

日時:~5月17日(月)10:00~20:00(最終入場は19:30まで)
場所:JR九州ホール(福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9階)
料金:平日=一般1,200円、小中高生600円/土・日曜、祝日=一般1,500円、小中高生800円
※税込み、未就学児は無料(要保護者同伴。大人1人につき2人まで)
※ローソンチケットやイープラスで日時指定券を販売しています
※会場で販売する当日券は時間指定がないため、混雑時は入場できない可能性があります
問い合わせ:アートアクアリウム博多実行委員会(キョードー西日本内)
電話:0570-09-2424(11:00~17:00、日曜・祝日休)

※掲載されている情報は、2021年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 33才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  5. 5ゴールデンウィークはハウステンボスへ!「NEW」な体験…
    ファンファン福岡編集部