新鮮アジがサクサクふわふわの定食!【アジフライ たるたる食堂】

 ご飯のおかずにも、酒の肴(さかな)にもなるアジフライ。福岡市地下鉄馬出九大病院前駅から徒歩約2分、福岡県庁近くに2019年4月にオープンした「アジフライ たるたる食堂」(福岡市東区)では、ごちそうアジフライに出合えます。 ※価格は全て税込み
この記事の目次

生のアジを丁寧に骨抜きして下処理、サクサクふんわり

馬出九大病院前駅から徒歩約2分

 イチオシメニューは、店名の通り、タルタルソースをたっぷり絡めた「アジフライ定食」(950円)です。一般的にアジフライというと、開きにした形状をイメージするかもしれません。でも、ここで出されるのは、肉厚の切り身です。

「アジフライ定食」950円、アジフライ単品750円 

 アジは足が早いというものの生にこだわり、長崎県産を中心に近海物を仕入れ、鮮度の良いうちに手早くかつ丁寧に骨抜きを施して提供しています。その一手間を惜しまないのは「小さな子どもが、かぶりついても小骨がのどに刺さらないように」というスタッフの心遣いからです。

「テークアウト用にアジフライ弁当(750円)も用意しています」と牛造一子さん(左)、スタッフの藤山大至さん

 きつね色に揚がった熱々のアジフライは、まず何も付けずに食べてみて。サクサクした衣の中から、肉厚でふんわりとしたジューシーな身が飛び出します。

熱々サクサク、アジの身はふんわり

 次はしょうゆと自家製タルタルソースをお好みで。「店名にも入っているので、“大しておいしくない”と言われるものは絶対出せない」とこだわったソースは、フライを引き立てるよう濃厚なコクとうま味ながら、後味は軽やか。

 しっかり水でさらした玉ネギと「何を使っているかは秘密」という砂糖の種類がポイントのようです。

人気ナンバー2の「チキン南蛮定食」は黒酢が味のアクセント

 タルタルソースがアクセントの「チキン南蛮定食」(950円)も人気メニューです。カラッと揚げた鶏胸肉が、黒酢にリンゴなど数種類の果物を入れて作った甘酢ダレにくぐらせてあり、クリーミーなタルタルと相性抜群です。

「ポークジンジャー定食」には茶美豚を使用

 ほかにも、鹿児島県の特産品であるブランド豚・茶美豚(ちゃーみとん)を150g使った「ポークジンジャー定食」(1000円)や、ジューシーな鶏もも肉を使い、辛子(からし)ポン酢で食べる「とり天定食」(950円)もランチの定番メニューです。

辛子ポン酢で食べる「とり天」

 さらに「このタルタルソースでエビフライが食べたい」という常連客の要望に応えた「大海老(えび)フライ」(1尾350円)もぜひチェックを。冬はカキフライ、夏はサバの南蛮漬けといった季節メニューもあります。

うれしい黒ウーロン茶

 揚げ物とご飯は魅惑の組み合わせですが、「ちょっと脂肪が」気になる人がいるかも。お店では水ではなく黒ウーロン茶をサービスしていて、喜ばれています。

 アジフライやチキン南蛮は単品でも注文できるので、夜は居酒屋のように楽しめます。昼は定食のテークアウトも可能です。

2階のカウンター席

<DATA>
■座席:テーブル18席、カウンター6席
■個室:なし
■平均予算:1,000円
■駐車場:なし

明るく入りやすい店内

アジフライ たるたる食堂

住所:福岡市東区馬出2-2-3
電話:092-515-2143
営業:11:30~L.O.14:30
17:00~21:00(L.O.20:30)
弁当は11:30~14:30(受け渡しは15:00まで)
日曜休

※掲載されている情報は、2021年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「130万円で扶養」はもう古い 2018年改正の社会保…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 33才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4食後の眠気は病気のサイン!?糖尿病の初期症状とは?
    ファンファン福岡編集部
  5. 5ゴールデンウィークはハウステンボスへ!「NEW」な体験…
    ファンファン福岡編集部