祖母が語った不思議な話・その肆拾(40)「桃の使い」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。
チョコ太郎

イラスト:チョコ太郎

 祖母が7歳の春、隣村の叔母の家へ引っ越しの手伝いに母親と出かけた。
 あちこちに咲く花を眺めながらの道行きは楽しく、気がつくと隣村だった。

 着いた時には引っ越しの準備はほぼ終わっており、ほんの少し手伝うと昼ご飯になった。
 大好きなちらし寿司を食べ終えた祖母は、村の散歩に出かけた。

チョコ太郎

 小川に脚を浸けたり花を摘んだりしながらしばらく行くと、庭に見事な桃の花が咲いている家があった。

 ふと見ると入口に同じ年頃の女の子がいて手招きしている。
 誘われるままに中に入ると女の子は部屋の奥へと走っていく。

 祖母は少し躊躇(ちゅうちょ)したが、思い切って後を追った。

 襖(ふすま)を開けるとそこは広い座敷で、見事なお雛様が飾られていた。
 しばらくあっけにとられていたが、不思議なことに気がついた。
 部屋に雛人形以外のものが一切無いのである。
 さっきの女の子もおらず、人の気配もない。

 不思議に思っていると入口から母の呼ぶ声が聞こえた。

チョコ太郎

 「まさかとは思ったけど、ここにいるとは」

 叔母によるとこの家には年老いた夫婦が住んでいたが、昨年二人とも亡くなり住む人もないため近いうちに取り壊すことになっているそうだった。

 本当にお雛様があったのかどうか確かめに戻りたかったが、日が暮れる前に帰ろうと母に急かされたため、後ろ髪ひかれる思いでその家を後にした。

 「あら?」

 家に帰ってから頭になにかが着いているのに気がついた。
 それは桃の花びらだった。

チョコ太郎

 「お雛様が寂しくて私を呼んだのかな。桃の季節が来るたびに思い出すよ」
 祖母は目を細めた。

あわせて読む
祖母が語った不思議な話・その拾参(じゅうさん)「古い家」
※掲載されている情報は、2021年03月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 13才息子がなかなか言葉を話さず募る不安…でも、あるきっ…
    ファンファン福岡編集部
  2. 2なかなか気づきにくい 妊娠が成立する時期と受診のタイミ…
    ファンファン福岡編集部
  3. 3え!そんなとこまで見てるの!?「幼稚園のプレ説明会を侮…
    ファンファン福岡編集部
  4. 4仰天!まるでジャイアンみたいな義両親 孫の入園式でとっ…
    ファンファン福岡編集部
  5. 5福岡の書店員さん、君の推薦する本を読みたい【福岡キミス…
    ファンファン福岡編集部